« パスタをフライパンで茹でちゃう! | トップページ | URLアドレス変更・移転します! »

2006年12月27日 (水)

何かと便利な「昆布だし」と
お雑煮レシピ

 タイトルどおり何かと便利なこの昆布だしは、我が家では冷蔵庫の常連!

 特に暮れから新年にかけては 「年越しそば (これは年中)」や 「お雑煮 (関東風だから?)」、 「刺身醤油 (正月に刺身は我が家だけ?)」にと出番が多い。

  塩分を控えたい人にも良いかもしれない、
作り置き昆布だし』の紹介。

 焼き魚や納豆や刺身に、ただ醤油を掛けるより、この 『作り置き昆布だし』を足した醤油の方が、水分は増えるけど味は濃くならないのでお薦め!

  この 『作り置き昆布だし』と 『かつお節のお茶パック』 を使って、年越しそばの 『そばツユ』 を作るのも我が家では定番♪
 (そばつゆレシピの記事はこちらから)

  我が家では麦茶用の容器に沢山作って、そば汁やふろふき大根などにガンガン使っているけど、そんなに沢山は使いきれないという場合は、ハーブビネガーを作っておく容器や、使用済みのドレッシング瓶でもOKである。

  ただし、よく洗ってよ~く乾かしたものに限るけど。
 (カビが生えちゃうから)

 ◆ 作り方はカンタン♪

  麦茶用の容器なら、だし用の長さ20~25センチ程の昆布を一枚、ハサミで細かく(幅・約1センチ)切って入れ、容器の八分目まで水を足して、冷蔵庫の野菜室などに一晩置いておけば出来上がり。

  ドレッシング瓶くらいの大きさなら、5センチ程で充分。
  水分を吸ってふやけるから、入れ過ぎないように!

  用途・納豆のタレ、刺身醤油や焼き魚、湯豆腐の付けダレ(かつお節をかけて)には、醤油と昆布だしを1対1で混ぜる。

 ◆ 我が家の関東風お雑煮

 ごくごくシンプルな、関東風というのもおこがましいようなお雑煮だが、私が子供の頃から、ず~っとこれ!

  **材料** 
 鶏肉 200グラム前後(最近はお雑煮用が出回っているが、無ければ唐揚げ用でも可)
    ミツバ ・ 彩りが欲しい場合は蒲鉾やナルトを足す ・ 餅

1.  直径18センチ程の中鍋に、七分目まで水を入れる。(あるいは、 『作り置き昆布だし』の汁をつかう。)

 乾燥したダシ用の昆布を一枚 (入らなかったらハサミで切る)を入れてから、加熱する。

2.  沸騰したら、 『かつお節のお茶パック』 (作り方はこちらを参照) を1ついれ、中火で5分くらい煮る。ついでにこの時、水から始めた場合は、ダシ用の昆布を取り出す。

3.  鶏肉を2センチ大に切って (お雑煮用はそのまま)、天然塩を良くまぶしてから、鍋に入れる。
   『かつお節のお茶パック』 は取り出す。
  沸騰してきたら、吹きこぼれないよう中火~弱火で、鶏肉が煮えるまで加熱するのだが、その間に浮いてきた “アク”を取り除く。
  だいたい、これをやっている内に鶏肉も煮える。

4.  天然塩で味付け。

  直径18センチ程の鍋なら、目安として小さじ1/2~1杯。
  隠し味に、丸大豆しょうゆを色が着かない程度に、少々たらす。
  必ず、味見をして確かめること!   
   (ナルトで彩りや、卵でかき玉風を狙いたい人はここで入れる)

 これで、汁の出来上がりなので、前日に作っておいても大丈夫!

 後は、食べる直前に焼いた餅をお椀に入れ
           ↓
 刻んだ三つ葉を餅の上に乗せたら
           ↓
 この上から汁をかけて、お雑煮の出来上がり♪

【2006.12.29追記】
    保存期間 → 季節にもよるが、我が家の冷蔵庫の野菜室では
             2週間は大丈夫。もっともその前に使い切ってしまう。

           End_1
  ご閲覧、本当に有難うございます! 
↓クリックして貰えると、ちょっと励んでしまうかも♪
レシピブログへ

にほんブログ村 料理ブログへ

人気blogランキングへ

|

« パスタをフライパンで茹でちゃう! | トップページ | URLアドレス変更・移転します! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61620/4695613

この記事へのトラックバック一覧です: 何かと便利な「昆布だし」と
お雑煮レシピ
:

« パスタをフライパンで茹でちゃう! | トップページ | URLアドレス変更・移転します! »